カラム数

8月 8, 2019 0 投稿者: admin

 カラム数という言葉を聞いたことがあるでしょうか。WEB制作に携わる人にとっては基本的な知識なのですが、一般には馴染みが無いのかもしれません。難しい概念ではなく、簡単に言えばサイトの列数です。列数は当然ながら、情報量によって決まります。企業のサイトであれば、製品に関する情報量が多ければ多いほど、列数は増えることになります。ただ、最近はシングルカラムが好まれる傾向にあり、情報量の多寡と単純な比例関係にあるとは言えなくなってきました。いずれにしてもカラム数はデザインに大きく関係するため、デザイナーがレイアウトを考える上で重要だと考えられています。
 カラム数についてイメージしにくい人は、ブログのようなサイトを想像すればよいでしょう。ブログはカレンダー、カテゴリーをサイドバーの中に配置したものが一般的です。サイドバーは一つのカラムと言えるのです。このカラムを軸にサイトの構成を考えると、種々のデザインが浮かび上がります。参考に出来るサイトを集めた、デザイナー向けのサイトも存在するので、是非そちらで勉強して下さい。カラム数ごとに分類されており、大変見易くなっています。カラム数は単にデザインを決定するだけでなく、クライアントにとっての最終目的であるアクセス数にも直結する概念です。例えば、注目してほしいコンテンツがあるとしましょう。そのコンテンツにユーザーを誘うために、カラム数をよく考える必要があるわけです。シングルカラムでも構わないのですが、その場合は専用のデザイン術が必要になります。またシングルカラムの場合、直帰率が増えるという弱点もあるため、慎重に判断するようにしましょう。