「ライター」は誰?

9月 8, 2019 0 投稿者: admin

WEB制作におけるライターの存在は、WEBサイトの構築の中では、見落としがちですが、WEBサイトとして、ユーザーとの接点を作り出すには、とても重要な役割を担っていると考えられます。昨今のWEBメディアの快進撃を語るには、WEBライター達の存在を語らずにはおけない状況でもあります。ブログなどのスタイルで、ユーザーたちからの圧倒的な指示を受けているライターさんもいれば、簡易的な自作のWEBサイトを作成する事で、自身の思いや、考え、日々の発見などを書き連ねているライターさんも見受けられます。また、自身の興味や専門分野はないにしろ、様々な流行りのカテゴリーを集客の為に、様々な分野ごとにパラサイトするように書き綴るライタ―さんもいます。WEB上で、ユーザーの皆さんを惹きつける情報とは、動画や写真であったり、WEBサイトのレイアウトやデザイン性である事もありますが、WEB上を訪れる多くの人々は、その文章から発信される情報を求めてやってきます。その際に、WEBライターたちが情報伝達する文章の力が、ここまで大きくなったWEB社会を支えていると言っても過言ではないかもしれません。WEB制作における、コーディングなどのサイト構築に関する書籍が多く出版されているのと同様に、WEBライターに関する書籍や情報も大変多く、様々なメディアで配信されています。それだけ、WEB制作に関わるライターさんの存在が重要視されている背景も伺うことができます。魅力的なWEBサイトの前提には、魅力的な情報、記事、文章がコンテンツとして存在している事が、当たり前のWEB制作の現場となりつつあります。SEO対策などによって、集客やユーザーからの反響を多く求めるようなWEB制作では、特にWEBライターの書き上げるコンテンツの「質」に、拘りをみせる傾向がみられWEBライターの文章力によって、惹きつけられるユーザーたちの存在が、大きくフォーカスされているようです。実際に、WEBライターたちの存在としての蓋を開けてみますと、長年、職業としてライターとしての実績を積んだような専門家たちの集まりという状況ではなさそうです。誰にでもコツさえ掴めばWEBライター風の文章を書くことができるのだというようなハウツー本も多くみかけ、その募集要項もWEBサイト上で多く検索する事が可能です。実際に、WEB制作の現場を垣間見てみると、WEBライターは、WEBデザイナーなどの、WEB制作に関わる裏方の人々が、兼任しながら記事をまとめることもあり、WEBライターでないと、コンテンツをまとめる事ができないというような状況ではないようです。企業体制や人材確保の状況によってWEBライターたちの存在は、曖昧ではありますが、WEB制作上では、重要な役割を担っています。誰にでも書く事のできるWEBサイトコンテンツであるからこそ、そこにオリジナリティや、人々を惹きつける「何か」が求められる世界であるようです。