WEBライティングの書き方

10月 8, 2019 0 投稿者: admin

WEB制作上で、書かれているコンテンツの内容を書きまとめる人々を、WEBライターなどと呼んでいるようですが、WEBライターと呼ばれる人々の背景を探ってみると、様々な事柄が見え隠れしています。企業や所属会社において、記事を書くライターさんもいれば、フリーランスや副業として、文章を書くお仕事をしているライターさんもいるそうです。WEBの出現によって、文章による情報メディアが爆発的に増加したこの数十年の間に、おそらくライターとして呼ばれる職業人の人々も、膨大な数に膨れ上がっているのではないでしょうか?誰でも気軽に文章を情報として、書き込む事のできるWEB社会の中で、どのような「WEBライティングの書き方」が、求められているのでしょう。最近では、WEBライティングの書き方をレクチャーするような、コラムや書籍を多くみかける事がありますが、私自身が目にするメディアの中で、語られている事はほとんど同様の事柄であります。■「嘘を書かない」■「分かり易い言葉で、分かり易い文章を書く」■「タイトルやキーワードをうまく使う このようなポイントが、WEBライティングの中では、重要だと考えられているようです。たしかに、私自身が多くのメディアをのぞいている最中も、分かりづらい文章を読んでいる時は、半分寝込んでしまっているような時もあります。文章が分かりづらい上に、読んでいる本人が半分眠ってしまっていては、WEBサイトの内容が、何も内容が分からないといった、とんでもない状況に陥ってしまいます。WEBライティングに限らず、どんな内容の情報を文章に起こす際にも、気取らず、驕らず、嘘は書かない精神でいたいものです。読み易い文章というものは、WEB制作において、大変重要視されています。どんなに素敵なレイアウトのWEBサイトであっても、なんだか意味不明な事柄が書き込まれているWEBサイト上では、訪れたユーザーが一瞬で立ち去り、それ以降、全くもって近寄らなくなってしまうでしょう。砂糖に群がるアリのように、人々を呼び寄せるWEBサイト上の文章とは、いったい、どのような書き方をしているのでしょうか?人気ブロガーさんや、人気サイトの文章の流れを、参考にしてみる事も、良いWEBライティングへの近道かもしれません。