失敗しないために

 求人サイトは制作が難しい部類のWEBサイトです。経験者、技術者が担わなければ、中々満足できる仕上がりにはなりません。いえ、プロが作っても成功するとは限らないのです。サイトが完成したからといって、すぐにユーザーがアクセスしてくれるわけではありませんし、クライアントの要望がデザイナーのセンスと合わないこともあります。また外注すれば想像以上にコストが掛かり、運営費用も上乗せされると経営を圧迫することさえあります。こうした失敗は典型的な例であり、他にも会社ごとの諸事情で上手くいかない可能性を考えなければなりません。とはいえ、怖がっていてはホームページを所有することなど永遠に叶いません。目的、コスト、デザインに分けて事前対策することで、取り返しのつかない失敗だけは避けることが出来ます。ここでは求人サイト制作において対策するべきポイントを具体的にご説明したいと思います。


WEB制作を行う前にまず取り掛かって頂きたいのは、目的を明確化することです。「ライバル他社が所有しているから」「時代に取り残されたくないから」といった、漠とした動機で制作業者に依頼する会社は少なくありません。特に中小企業に多く見られます。しかし目的がはっきりしなければ、結局ユーザーには何一つ伝わりません。ユーザーは深く知りたいからサイトを訪れるわけですし、ターゲット層はその製品を選択する理由があるから購入ボタンをクリックするのです。彼らの行動を導き寄せるためには、彼らの心に響くサイトでなければなりません。つまりターゲット層の行動心理に合わせたコンテンツを設置することが大切なのです。サイトの開設目的は、この事実から離れてはなりません。いかなるサイトも常にターゲット層のためのサイトなのです。